外国為替市場に「取引所」がない

「外国為替市場」が存在すると思っている方がいらっしゃいますが、実際には取引所というのはありません。

テレビなどで見かける円卓を囲んでいる人々は「外国為替ブローカー(以下より、外為ブローカー)」といわれている会社の社員です。

いわゆる「外国為替市場」とは、取引参加者である 「銀行」等の金融機関で形成されている相対市場のことで、彼らが外為ブローカーを介して電話等を通じて為替を売買することを、概念として「外国為替市場」と 呼んでいるわけです。

ここでは100万米ドル(約1億2千万円)を1本といい、これを最低取引単位とする通貨が売買されており、個人は参加できません。